業種別にみる!仕事効率化ソフトを導入したほうが良いときとは?

業種② サービス業

2017年10月27日 13時55分

「サービス業」は、宿泊業や飲食業、技術サービス業、複合サービス業、美容サービス業など、さまざまな分類に分かれていますが、どれも目にみえないものや、接客などによるサービスを提供することを業務にしている事業のことです。
たとえば、美容室や理容室なども美容サービス業に分類されますが、お客さまとの兼ね合いのなかで生まれるやり取り全てがサービスの一環であり、
スタイリストや理容師のまだ見えない技術をサービスとしてご提供し、結果的に満足いただけることを目的に業務を行います。
そして、サービス業における課題としてよく挙げられるのが「生産性をどれだけ向上させられるか」ということです。
お客さまにサービスを提供するという事業であるため、会話をないがしろにできませんし、
だからといって人手だけを増やしていてはなかなか生産性を向上させることができません。
そこでおすすめしたいのが、仕事効率化ソフトの導入です。
 
<サービス業の効率化が図れそうな業務について>
美容サービス業などでは、お客さまにより良いサービスを提供するための勉強会が定期的に開かれたり、
自主練のために時間を使ったりというスタッフが多いため、事務作業が後回しになりがちで結果的に仕事が溜まってしまうということがあるのです。
こういった問題を解決するために「仕事効率化ソフト」を導入すれば、「売上管理」などの大事な業務をシンプルに管理することができますし、
「予約管理」がしやすくなることはもちろん、「来店周期」や「失客リスト」などを簡単に分類して細かな分析を行うことができます。
 
<仕事効率化ソフトを導入して得られる効果>
サービス業は、単にお客さまありきの状態でサービスを提供することだけが全てではありません。お客さまが店内にいないときには、
顧客管理や予約管理、売上管理、DM作成などの事務作業も同じく大切な仕事だからです。
これらの事務作業は、お客さまがいるときには後回しになりますし、空いた時間を見つけてコツコツ進めることが多い仕事です。
そのため、その日がとても忙しい日であれば事務作業はお店を閉めてからするようになります。
サービス業で仕事効率化ソフトを導入すると、事務作業に欠けていた時間を省略して「余裕ができた時間をスタッフの技術向上のための時間に充てる」、
「手作業によるケアレスミスなどを減少させる」、「顧客情報や実績などをスタッフで共有できる」といった効果があります。